びっくり!こんなにお得なマンスリーマンション

一年の利用なら数十万円お得!

マンスリーマンションを借りる際には、一般的な賃貸物件に必要な敷金・礼金が要らないということはもはや常識と言えるでしょう。さらに、マンスリーマンションでは、不動産仲介物件ではありませんので、仲介手数料もかかりませんし、加入が義務づけられる火災保険の保険料や、玄関ドアの鍵の交換費用なども請求されません。また、マンスリーマンションには一般的な賃貸物件に必要な保証人を立てる必要もなく、保証人が立てられない場合の保証料も必要ありません。さらに、家具や家電製品が元々備え付けられている仕様になっていますので、それらの購入費が丸々節約することができ、なおかつ引越し費用も大幅に安くすることが可能です。 これらを考慮すると、初期費用としては一般的な賃貸物件と比べてマンスリーマンションの方が50万円から80万円ほど安いという試算が出ています。

都心に住むならコストパフォーマンスが高い!

一般的な賃貸物件とマンスリーマンションの月額利用料金を比較すると、賃貸物件の方が家賃は安く設定されています。賃貸物件の家賃を1とすると、マンスリーマンションの月額利用料は1.5倍くらいの料金に設定されていることが多く、この価格差を考慮すると、1年の利用ならマンスリーマンションの方がトータルでコストが安くなると言え、2年以上住むなら賃貸物件の方が安いと言えるでしょう。 しかし、これは一般論であり、都心や市街地の場合は、利便性の高い賃貸物件の家賃は相場よりも高い設定になっていることが多く、マンスリーマンションの場合は同じ立地でも全国である程度一律の利用料金に設定されていますので、マンスリーマンションの方が月額利用料は安いケースがあるのです。このように、都心や市街地に住むならマンスリーマンションの方がコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。